1. レミングス 攻略データ >
  2. 基本事項 >
  3. テクニック

テクニック

アビリティは基本的な使い方に加えて、
いくつかのアビリティを組み合わせたりすることで、役立つ効果を発揮することがあります。

掘削系アビリティを中断させる方法

「ヨコほり」「下ほり」「ナナメほり」といった掘削系アビリティは、
貫通するか固いブロックにぶつかるまで掘り続けます。
途中で掘るのをやめたい場合は、以下のような方法があります。

「かいだん」によるキャンセル

掘っているレミングに「かいだん」を使います。
すると1段作って壁もしくは天井にぶつかって終わるため、
すぐに掘りをキャンセルすることができます。
本編では、この「かいだん」によるキャンセルが最も一般的です。

「ばくだん」によるキャンセル

掘っているレミングに「ばくだん」を使います。
使った直後は中断しませんが、5秒後に爆発すると同時に中断します。
これも本編で使うことがあります。

「かいだん」を中断させる方法

渡った先の足場にトラップがあったりして、
「かいだん」も途中でキャンセルしたい場合もあります。
この場合も他のアビリティを実行することでキャンセルできます。

「ヨコほり」による空振りキャンセル

「とおせんぼ」「ヨコほり」「下ほり」「ナナメほり」のどれかを使えば、
そこでアビリティが切り替わるため、キャンセル可能です。
おすすめは「ヨコほり」による空振りキャンセルです。
空振りの場合は「ヨコほり」アビリティの回数が減らないため、
タダでキャンセルすることができます。

レミング1人を方向転換させる方法

レミングは壁か「とおせんぼ」にぶつかるまで向いている方向に進み、
途中で方向転換することはありません。
そのまま先に進んでほしくない場合は、
アビリティを使って方向転換させる方法がいくつかあります。

坂に対して「かいだん」

「かいだん」は約30度の角度で階段を作りますので、
それよりも急な坂を上がっているときに「かいだん」を使えば、
1、2段作ってすぐにキャンセルし、方向転換させることができます。

低い天井の下で「かいだん」

「かいだん」を実行している途中で天井に頭をぶつけると、
そのレミングは中断して方向転換します。
天井が低いところで使えるテクニックです。

壁に対して「かいだん」

「のぼる」を付けているレミングは、とげトラップの付いた壁でも登ってしまいます。
壁を登らせたくない場合は、登る直前にその壁に対して「かいだん」を使います。
すると壁にぶつかったとき、その壁を登らずに方向転換します。

下ほり+かいだん反転

適当な坂や天井がないときによく使われるのは「下ほり」で浅く地面を掘り、
すぐに「かいだん」を使う方法です。
「かいだん」はすぐに溝に当たってキャンセルし、方向転換することができます。
ただし「下ほり」であまり深く掘りすぎると反転した後に上がれませんし、
浅すぎると「かいだん」がキャンセルされず作り続けてしまうため、
慣れないとタイミングが少し難しいものです。

固いブロックに向かって「ナナメほり」

地面の深いところや少し前方に固いブロックがある場合は、
それに向かって「ナナメほり」をすれば、
固いブロックにぶつかったときにキャンセルして反転します。
この方法は後続をせき止めたいときにも有効です。

溜まっているレミングに確実に「ヨコほり」させる方法

狭い溝に多数のレミングが溜まっているとき、
逆方向に「ヨコほり」してしまって最初からやり直しになるというミスは多いはず。
こんなときは次のようにすると成功率が高くなります。

カーソルを逆の方向に持ってきて「ヨコほり」を実行する

例えば右に掘りたい場合は、
レミングが溜まっている溝の少し左側にカーソルを移動させます。
だいたいカーソルが「+□」のような形状になる位置で「ヨコほり」を実行すると、
ほぼ間違いなく右に掘ることができます。